3495☆食欲ないかも?運動したいかも?

仙台駅東口徒歩3分の場所にある健康と美容専門、スパシャンパレス小山です。

こんにちは最近無駄に食材を買ってしまう小山です。そして食材を無駄にしてしまわないように帳尻合わせである日の食事が豪華になってしまう。皆さんもそんなことはありませんか?

そして無駄食いをしてしまう•••

今回のテーマは

脳のコントロールで無駄食いを防ごう!

そもそも人間の体は、自分が生きるために必要な食事量を本能で理解しているそうです。それにもかかわらず食べ過ぎてしまう原因は脳が過剰なストレスを受けてしまうことにあるようです。

ストレスを受けた脳は変調をきたし、『もっと食べてろ!』『もっと甘いものを!』と指令を出してしまう。そんな脳ですが意外と騙されやすいそうです。例えば楽しくなくても口角を上げれると『私は今楽しい!』と脳は勘違いして、快感ホルモンのドーパミンを分泌。すると脳はストレスから解放されて、正常な判断ができるようになります。無駄食いがなくなり、運動をしたい意欲も湧きてで来るそうです!太らない4つの習慣を身につけよう!ちょこちょこ食べて血糖値を安定させる!空腹時が続くと血糖値が上昇してしまいます。ちょこちょこ何か胃に入れておき、血糖値の安定をする。②毎日体重をチェックして増えたらすぐに調整する。キロ単位ではなく、グラム単位で毎日体重を管理することが重要。増えた分は食事量や質で調整するようになります。③つい食べすぎるお酒の席では会話に集中!飲み会では会話に集中すること。『送別会があるから太るかも』という人がいますが本来の目的は食べ物ではなく、送別会なはず。会話に徹しましょう^_^④脳を騙して無駄な食欲とさようなら!太らない習慣のイチオシは脳を騙すこと。視野や聴覚から脳に刺激を与えると無駄な食欲を抑える効果が。ストレスを感じることなく痩せる習慣が身につきます。これはうちの夕食。たけのこを幼なじみからいただいたので^_^脳が満足してます!

関連記事

PAGE TOP