3480☆調理の知恵で脂肪も老廃物も排出〜!

仙台駅東口 徒歩3分 健康 美容スパ スタッフ小山です。

週末はあんなに天気が良かったのに、また急に天気が崩れるなんて、、気をつけたいのは気温の差。体調管理が大変です。

季節の変わり目には、毎回のように頭痛や胃痛で悩まされる私ですが今回は強い!なぜなら、運動はもちろん食事面をさらに気をつけて摂取しています。もちろん大好きなアルコールだって欠かさないでいました。笑笑

今回はダイエットにもデトックスにも強い2つの食材をご紹介します(╹◡╹)

えのき

やせる調理法→細かく刻んで、硬い細胞壁を壊す

きのこの細胞壁はとても硬いため、中の栄養を効率よく吸収するには、細かく刻んで加熱するのがポイント。これにより腸内細菌の栄養として活用されやすくなります。またえのきには脂肪の吸収を抑えるキノコキトサンも豊富です!

玉ねぎ

やせる調理法→切った後15分〜30分置いて血液サラサラ成分を守る

玉ねぎのオリゴ糖は、食物繊維との相乗効果で腸内の善玉菌を増やす働きがあります。玉ねぎはオリゴ糖の損失を防ぐため、水にさらさないこと。また切った後、15分〜30分放置する事で、血液サラサラ成分 硫化アリル が壊れにくくなります。

我が家は

えのき•玉ねぎin鶏肉団子&大根鍋

これにたっぷりの薬味を仕上げに乗せれば完成。例えばネギ、ミョウガ、生姜など。

先ほどの調理法を行うと、食物繊維でお腹が張ることもなく、便がスムーズにする〜んと出ます。 大根はグルタチオンという解毒作用がある食材なのでデトックスにも効果的!

土鍋で煮るとしっかりと火が通り、ほっくり仕上がります。

そして、父が朝早く起きて取ってきたわらび。

食物繊維が豊富でシャッキシャキなわらびはめかぶと合わせてデトックス副菜。

ぜひみなさんも参考にしてみて下さいね。

さぁ今夜も美味しくいただきます!

関連記事

PAGE TOP