3470☆冷え解消の鍵

仙台駅東口 徒3分 健康美容 スパ シャンパレス 小山です。

桜前線が例年より1週間も早く仙台にやってきたため、愛でるまもなく桜が葉桜に‥。お花見って言ってもまだまだ寒くて結局体が冷えて帰ってくるなんてこともありますよね。

そこでお花見だけでなく毎日していると冷えが解消、おまけに内臓脂肪が燃える!体にいいことをお伝えします(╹◡╹)

それは噛むこと!

わかってはいる!簡単なことだけどなかなかけど実践できない噛むこと。1回あたり30回噛むだけなのに、、

では知っておくと噛みたくなる3つのカギをここでご紹介!

1.噛むことで内臓脂肪が燃焼して熱を作り出す!

噛むと刺激が歯肉の筋膜を通る神経によって視床下部に伝えられ、神経ヒスタミンが作れます。これが交感神経を刺激して食欲を抑え内臓脂肪を燃焼させて体温を上昇させます。

2.噛む回数の減少に伴って体温が低下している!

昭和32年の平均体温は36.9℃、現代人は35℃台後半。現代人が一回の食事で噛む回数は約600回。でも戦前は約1500回。鎌倉時代約2500回、弥生時代は約4000回。噛む回数が減るにつれて体温が低下しています。

⒊体温以上の温度のものを1回30回以上噛むのが◎!

噛む回数の理想は1口30回以上。玄米なら100回以上がオススメ。また冷えを改善するなら、体温以上の食べ物を噛むのもポイント。

噛むと交感神経のホルモンの分泌は低下させるので、リラックス効果もあります。ストレスも冷えの原因になりますから、冷え改善にとって噛むことは一石二鳥です‼︎

毎日出来ること、寒い花見にもぜひカミカミして体をあっためてくださいね(╹◡╹)

関連記事

PAGE TOP