3465☆保湿するはずが、乾燥をまねいてるかもしれない間違ったケア

ローションパックを置く時間に気を付けよう

4月に入り温かくなってはきていますが、まだまだ肌が乾燥する。という声を聞きます。紫外線も強くなり、その影響で乾燥もしやすいです。そして、今時期は花粉やほこりが飛んでいるので、肌に付着し肌荒れも起こりやすいですんね。

乾燥した時のホームケア方法として、化粧水をたっぷり含ませたコットンやローションマスクを肌にのせ保湿するのも有効です。ただし、気を付けてほしいことがあります。それは、コットンやローションマスクをお顔にのせている時間です!のせる時間は5~7分が目安です。コットンやローションマスクが乾ききってしまうと、肌の水分まで吸い取ってしまい、かえって乾燥し逆効果です。もう少し長い時間パックをしたい時には、化粧水をコットンに付け足してあげれば大丈夫です。

日焼けして肌が赤くなった場合はまず鎮静を

日焼けはやけどと一緒です。肌にダメージを受けています。

日焼けして、ほてりや赤みがある場合はまずは冷やしてあげること。タオルを冷やしたものや、保冷剤(タオルなので包み)などでいったんお顔のクールダウンをしてあげてください。

そのあとにとにかく保湿です。保湿の際も肌を擦ることが肌にとって刺激になるので、この場合もローションマスクがおすすめです。

 

これから、花見や行楽シーズン、アウトドアなど外に出る機会も増えると思うので、しっかり肌の保湿をしてあげてくださいね。その前にしっかりUVケアもお忘れなく。。。

関連記事

PAGE TOP