3382☆運動後のゴールデンタイム

仙台駅東口 運動美容スパ シャンパレスの武内です。

エステを受けた後は吸収がよくなるので、2.3時間は食べない方がいいと言われます。

運動後はどうなのか?運動の後はお腹が空いて高カロリーのものを食べたくなる衝動にかられますが、グッと我慢しましょう。良質なたんぱく質や野菜をしっかり摂取できるバランスの取れた食事を心掛けましょう。痩せたい一心から必要以上に食事制限をしてしまうと、疲労の回復に遅れが出たり、ストレスなどからリバウンドしてしまう原因となるので注意が必要です。

運動後にクエン酸が含まれる食品を摂取すると、疲労回復と共に筋肉痛を予防してくれる効果が期待できるのでオススメです。

柑橘系の果物、梅干し、お酢などにクエン酸が含まれているので摂取してみてくださいね。

 

しかし、抗酸化作用のあるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEを摂取すると、活性酸素を除去しで活動を抑えてくれます。

そして、運動中は必ず水分を摂取することも忘れずに。

運動をした後に栄養を摂取しないのは絶対にNG

運動を行った後に一切栄養を摂取しないというのは絶対にNGです!

ちゃんと運動をしてダイエットに気を遣っているのに代謝が落ちてしまったという場合は、この運動後の食事に原因があります。

食事は身体を作る上で欠かせないもの。いい加減な食事をしているとダイエットの効果を得られないどころか逆効果にもなりかねません。

時間がないからと夜に運動をする人もいらっしゃるかもしれません。ジムに通ったり、近所を走ったり…、そうすると疲れている上に身体を動かして、オマケにダイエット中だし夜だし…と食事の摂取をやめてしまう事もあるでしょう。

しかし、食事は身体にとって体内で作れない栄養を得る唯一の手段です。大切に考えてあげなければいけません。

運動の種類にもよりますが、例えば、有酸素運動をした後の身体は、大量にエネルギーを消費している状態になります。

そうすると血中の脂質や糖質がなくなっているため、身体は補給を求めているのです。そして、筋肉を付けるために筋トレをした後は、筋肉細胞が損傷していることもあります。筋肉細胞の修復にはたんぱく質が欠かせません。

このように身体が補給を求めているのにも関わらず、果物やサラダだけで簡単に済ませてしまうと身体は必要な栄養を得られず、不調を来たしてしまいます。

運動の後には、たんぱく質、炭水化物の摂取が必須です。

そして、運動後はついついビールが飲みたくなる!

という方もいらっしゃるかと思いますが、アルコールは筋力トレーニングの効果を打ち消してしまう上、身体の水分が失われやすいため危険です。1時間以上開けてから飲むようにしましょう。

運動後の食事摂取、時間を置きすぎてしまうのは良くない!

運動後、何時間も食事を摂取しないと120分ほどで身体の筋肉が分解し始めてしまうのです。

せっかく運動をして作った筋肉も、身体が求めている栄養を吸収できないため、筋肉からエネルギーとして代謝させてしまうのです。

また、血糖値が低下してしまうため、フルーツ以上に甘いものを食べたくなるので、チョコレートなど糖質を摂取したい衝動にかられてしまうので、筋肉は減ってしまう上に、太りやすいものを食べたくなるという悪のループに陥ってしまいます。

そうならないためにも、運動の後は必ず30分以内の休憩を挟んでしっかりとした食事を摂取するかがとても大切になりますね

 

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP